精神科ナース(♂)の本気メモ

読むだけでスキルアップできるステキなメモ帳

アルコール精神病性障害とは何か?

 

アルコール精神病性障害とは何か?

 アルコールを大量に、持続的に、長期間摂取することによって、統合失調症のような妄想や幻覚が出現するようになることがあります。そのような状態をアルコール精神病性障害といいます。

 

アルコール精神病性障害と他精神疾患は区別が難しい

上記の通り、幻覚や妄想といった精神症状は統合失調症などの多くの精神障害で観察される症状です。妄想や幻覚といった症状がアルコールと直接関係しているのか示す為に、患者の病歴や臨床所見から鑑別する必要があります。

ex)急性アルコール中毒、離脱症状の経過中など