精神科ナース(♂)の本気メモ

読むだけでスキルアップできるステキなメモ帳

看護師が病院と給料を交渉をして昇給を勝ち取る方法

 

f:id:gogo-chisei:20180525232331p:plain

 このページをご覧になっている方は、多くは自分の給与に不満を抱えていることかと思います。そこで今回は『勤め先との給与交渉』と『転職時の給与交渉』の方法と私の経験を紹介したいと思います。

 

はじめに

 あなたは看護師として『給与交渉』をしたことがあるだろうか?病院と給与交渉することは医師の世界ではかなり良くあるケースであるが、看護師として給与交渉するケースは比較的稀であることは間違いない。看護師が給与交渉に踏み切らない理由としては、「給与交渉なんてしたら、お金に困っている人だと思われそうだ。」「病院との関係がギクシャクしそうだ。」のような心理的な背景が大きく関わってではないかと考えられる。

 しかし、これは非常に勿体ないことだ。実際給与交渉することは可能であるし、実績に応じて給与が上がるケースも少なくない。「適切な給与交渉」をすることにより満足度が向上することによって、あなたの生活、仕事の質の両面が向上するので、積極的に行うべきである。

 

 

 

現在勤めている病院と交渉する場合

 あなたが現在勤めている病院と給与の交渉をしたい場合、まず知るべきことは、あなたの勤務先の病院で給与交渉が行われた事案があるかどうかです。

 過去に給与交渉をして給与が上がった事案が無い場合でも、病院の人事課等に相談し、給与交渉に臨むことは可能です。(給与が上がるとは限りませんが....。)

 私の場合、役職に昇格する際、病院長先生に直接交渉し、数万円程度給与を上げてもらった経験があります。また、交渉の成功率を高める方法として、いかに業務を正確かつ迅速に行えるかや、急な休暇をとっていないなど、自分をアピールする要素を一つでも多く持っていると有利になります。

 しかし、これは危険な手法で、断られることも十分考えられますし、断られた場合、病院との関係が悪化する危険性があるので、転職してもいいやと思える病院に勤めている場合にのみ有効な方法でしょう。

 

 

 

転職して病院(職場)変える場合

 結論から言うと、転職する際に給与交渉してしまう方がスムーズです。現在、看護師が不足している病院の方が多い為、給与交渉に応じてくれる病院が急増しています。

 しかし、住んでいる地域や転職前に貰っていた給与により、給与交渉の相場が変わってきます。また、有給消化率や福利厚生などの条件も重視したいので、病院選びは慎重になる必要があります。

 看護師の場合転職サイトを利用すると、匿名で給与交渉出来るので非常に便利です。登録料などが一切かからない上、交渉の状況をちょくちょく連絡くれるところが安心出来て良いですよ。

 

 

 

 

転職サイトを使用するメリットとして、以下のメリットが挙げられます。

 

自分のキャリア形成について相談受することが出来る

 看護師転職サイトに登録すると、担当のキャリアアドバイザーと過去のキャリアを踏まえ、自分の今後のキャリアについて相談することが出来ます。電話での相談も可能ですが、直接会ってくれる会社もありあます。

 


転職祝い金がもらえる

 看護師転職サイトの中には、入職が決まると転職祝いとして「祝い金」を支給してくれる会社も存在しています。場合によっては20万くらい貰えたりする。これは地味に嬉しいので、ぜひ体感して欲しい。


非公開求人を紹介してもらえる

 独力で転職先を探しても、思うように良い条件に思える転職先を見つけられない場合が多いと思います。看護師転職サイトでは、ネットや求人誌にも載っていない人気のある非公開求人も扱っているので、闇雲にネット等で転職先を探すよりも、良い条件の転職先に出会えることが多いです。

 

給与交渉をしてくれる

個人が病院を相手に給与交渉するのは緊張するし、気が引けてしまう。そういう理由で給与交渉しない者も少なくない。しかし、非常に勿体ないことであるので、ぜひ看護師転職サイトに自分の希望を伝え、給与交渉を代行してもらうと良いだろう。

 

私のオススメの看護師転職サイトはコレ!

MCナースネット

・上記のメリットがほぼ全て受けられるサイトである。私も利用しているが、直接面談に来てくれるスタッフが丁寧に希望を聞き取りしてくれるので、安心して転職活動をすることが出来る。 

上記のリンクから登録できます!!

 

しかし、一方デメリットとして、以下のような面もあります。

全ての求人を扱っているとは限らない


紹介手数料がコストとされ、不採用になる危れがある